読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家に帰りたい

ポケモンなど ざっくり

【真皇杯九州予選使用パーティ】メガヤミラミ入り【ベスト16】

第二回真皇杯九州予選Dブロック二位、ベスト16でした。

リンク等は勝手にしたので、指摘があれば訂正します。

 

 

f:id:kazuki_fs_pokemon:20160222033444p:plain

 

 

 

メガヤミラミの問題点

・フェアリータイプが無理

・炎タイプがきつい

・起点にされやすい

 

特にバシャに対する枠が難しい

 

 

個別紹介

f:id:kazuki_fs_pokemon:20160222043146p:plain

ヤミラミ@メガ石

わんぱくH252B244D12

イカサマ/不意打ち/鬼火/自己再生

初手出しが読まれやすいポケモン。最近流行りの積まずに倒していく型。対面厨パに強いとか言われているらしい。ガルガブには割と有利に戦うことができるものの、その取り巻きには弱いと自分は考えます。バシャには積まれたりフレドラ打たれたり、スイクンには有効打がなく、ゲンガーにはヘド爆またはスイクンの熱湯火傷からの祟り目など、弱い部分が見られます。

しかしガルーラに強いという点や、ヤミラミに対して有効打がないというポケモンが多い点で採用。また、フェアリータイプの選出誘導もしてくれます。

素の耐久があまりにも数値が足りないので、メガ進化をとっておくよりはさっさとメガ進化したほうがよさそうです。

イカサマは相手のポケモンの処理速度を上げることができます。鬼火よりイカサマを選んだほうがよい場面も多いです。イカサマ+不意打ちで相手のポケモンを倒します。オフで不意打ちは読まれなかった。

 

 

f:id:kazuki_fs_pokemon:20160222053211p:plain

ウルガモス(炎の体)@ラムのみ

ずぶといH244B252CDS4

蝶舞/炎の舞/羽休め/虫のさざめき

参考元 

亡霊たちの集会所 対面ヤミガモス【シーズン13使用構築】

フェアリーとクチート入りに強い。

ゲンガーにも強めであり、積むことができるのでこの型でも強かったです。一回舞うことでS110族を抜くことができます。ガルーラに対して後投げすることで、接触し火傷させるという雑なプレイングも可能となります。また、舞わなくてもHDアローよりも特殊耐久指数が高いです。

技スぺが空いていれば、鬼火を入れたかったです。炎の舞は火炎放射と選択だと思います。

オフでは、炎の舞って何?って言っている人がいた。みんな火炎放射使うからなぁ・・・

 

 

f:id:kazuki_fs_pokemon:20150826132106p:plain

ナットレイ@たべのこし

生意気H252ABD調整

実数値181-129-159-*-160-22

ジャイロ/パワーウィップ/宿り木/ステロ

以前使ったときの流用個体なので調整を変えたほうがよかった。

スイクンマリルリを意識して採用しましたが、ほかのポケモンにも十分戦えることができました。相手の炎タイプに対して大きく削りを入れるステロを使用。このポケモンはサイクルを回しやすいが、ヤミラミは削れやすいので、それほどサイクルを回しやすいとは言えないポケモンだと感じます。最近はガルーラが炎のパンチを持っていることが多いので注意が必要です。

 

 

f:id:kazuki_fs_pokemon:20160222062904p:plain

ガルーラ@メガ石

陽気AS

グロパン/すてみ/不意打ち/冷パン

もう一つのメガ枠。ヤミラミの苦手なポケモンを対面志向でごまかすことができる(単純に強い)から採用しました。どのメガガルーラの型が一番適しているかわからないのが悩みどころ。S100族と同速勝負に持ち込むため最速にしたものの、オフでは最速がよかったという場面はあまり見られなかった。

 

 

f:id:kazuki_fs_pokemon:20160222181400p:plain

ガブリアス@タスキ

陽気AS

逆鱗/地震/剣舞/岩封

ヤミラミのおかげでステロを撒かれることなく、タスキが残りやすい点が良かった。ガルーラと一緒に選出した場合でも、その強さを発揮できました。ウルガモスリザードンに対しても強く、これらのポケモンが相手のパーティにいれば必ず選出しました。(リザXならヤミラミのイカサマ不意打ちで倒せたりもする)

 

 

f:id:kazuki_fs_pokemon:20160222182458p:plain

クレセリア@ゴツメ

図太いHB

サイキネ/冷ビ/毒々/月の光

ヤミラミを使う上で必要な枠。バシャとヤミラミが初手で対面する場合が多いので、バシャの攻撃を受かるだけのポケモンが必要になります。スイクンではメガバシャの剣舞跳び膝を受けることは厳しいので、クレセを採用しました。

数値がとても高くメガマンダに対するポケモンとしての活躍が多かったです。スキルスワップも使いたかったですが、相手のポケモンが長居することを防ぐため毒毒を採用。受けることに関しては申し分ないですが、起点にされやすかったです。

 

 

まとめ

飛行と悪の一貫があり、欠陥だと感じました。この二つの一貫はよくパーティにできやすく、それを狙った構築も多いので対抗する必要があったのですが・・・、ガルーラガブリアスの対面でごまかそうとしすぎたのが問題だったと考えます。(そもそもガルーラを使うのが下手だった)

それでも久々にオフで予選ブロックを通過でき、ベスト16になれたのはうれしかったです。

 

 

 

スタッフの皆さんお疲れ様でした、とても楽しかったです。

本当にありがとうございました!